teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


電子書籍六巻 無料公開部分 嵐を呼ぶ姫君襲来 誤字報告

 投稿者:kirishima  投稿日:2013年 8月16日(金)21時12分34秒
返信・引用
  「あんたのとこのチート★し★じいや、チートブラザースがこんな間の抜けた事する訳無いでしょうがっ!」
しじい⇒じじい

「正直、こんなに応対してもらえるとは思っていなかったのです。★門前払いになって、九州まで来たら★姫も諦めがつくだろうと」
「門前払い」と「九州まで来る」は逆にしたほうが自然。
 
 

電子書籍6巻の誤字

 投稿者:ssd  投稿日:2013年 8月16日(金)19時28分31秒
返信・引用
  24ページ

「誰だのだ?」→「誰なのだ?」の誤字かな。


79、111ページ 自分のpc環境のせいかもしれませんが、改行が一文字ずれたり等しておかしいです。

112ページ 商家は早くも仕える物を → 使える物
 

Re: 次なる段階

 投稿者:kirishima  投稿日:2013年 8月10日(土)00時06分41秒
返信・引用
  > No.237[元記事へ]

>式部の名が付く官位を与えて「シキ様」と呼ばせるという妄想が。
式部に関係する役職に就ける家なら毛利氏がありますよ。
実は毛利氏は大江氏の出自で、毛利の家紋「一文字に三つ星」はその証なのです。
この大江氏、菅原道真の菅原氏と足利義政の妻日野富子の実家である日野家と並ぶ天皇の家庭教師まで務める儒学者の家柄で、式部省が役人の人事権を握る中務省に次いで重要な省なため、代々その中から式部省の実質的な長官「式部大輔」を任ぜられていたそうです。
特に大江氏と菅原氏は参議任官のための要路として、時には参議と兼任することもあったそうです。
ちなみにこの大江氏、平安時代に和歌の名人三十六撰に5人も輩出したり、八幡太郎義家に兵法を教えたり、源頼朝を内政面で支えて幕府の中枢に上り詰めたりと、調べるとなんかチート一族の片鱗を見ている気がする。

閑話休題

つまり、翡翠が嫁ぐシキ様は毛利氏で参議にまで上り詰めることができるわけだから当主の輝元・・・では可哀想なので年が近く史実では宗麟の娘が嫁いでいる秀包になるのかな。
ついでに毎年生んでいるのを利用して出産7日目に嫁いだから七夜とでも名付けて四朗の家臣にして。
退魔の家だから巫女と関係ありそうだし。
ただ、そうなると大友家からも誰か出さないといけなくなるか。
せっかくだから琥珀と結婚させて遠野でも名乗らせるかな。
あれ、そうなると将来、七夜家が……
 

和船ってマイナーだと実感

 投稿者:男の娘(*´Д`)ハァハァ  投稿日:2013年 8月 4日(日)15時54分42秒
返信・引用
  大友家は呂栄島侵攻(1950年代まではここからの鉄鉱石輸入が1位だった)してる訳だから原料の確保よりもネックとなるのは炒鋼法用の炉に使用する耐火煉瓦の調達でしょう。明朝からすれば倭寇勢力の武装強化にしか繋がらないので輸出許可が出る訳無いし。。。。。

仮にクリッパーを建造したとしても、タグボートが無いとまともに入出港出来ないくらい舵の効きが悪く帆走に必要とされる船員数も多いので、速力面はともかくコストで太刀打ち出来ず大量輸送を主体とした商業運航では勝ち目は薄く20世紀後半の大西洋航空路でのコンコルド的(富裕層の移動と手紙・証券運搬)な使い方しかできないでしょう。19世紀の紅茶競争の時でもスタート前の上海港で出港用タグボートを手配する時点で既に1日分以上の差がついているなんてのは普通だったので、取引価格が高く遠距離な紅茶航路や羊毛航路でしか活躍できなかった訳ですから。。。。。

瀬戸内海で交易船として使用されていたのが弁財船。弁財船とジャンク船と南蛮船の技術を混ぜ合わせて桃山時代、江戸時代初期に東南アジア航路に利用したのが朱印船。江戸幕府の鎖国令により商人たちが運航していた朱印船の目的地を東南アジア航路から西廻り航路(蝦夷地)に変更した際に目的地から北前船と呼ばれる様になったんだから、技術ツリー上何処にも矛盾は無いと思いますが?
 

土用の丑

 投稿者:よっち  投稿日:2013年 8月 4日(日)10時11分27秒
返信・引用
  土用の丑の日にウナギを食べる習慣自体、史実では江戸中期の発祥(平賀源内のプロモーションと言われてる)ですから、この時代だと「何言ってんですか姫様?」状態な気が、、、。
ウナギを滋養食として食べる習慣自体はもっと昔からあったようなので、それこそプロモーション次第で普及させるのはそれほど難しくないのでしょう。

それはそれとして、ウナギの蒲焼自体は研究してそうな気はしますね。
いろいろスタミナ付ける意味でも。
タレ自体は醤油と砂糖(もしくは味醂)があれば作れますし。(どちらもこの時代には既にあったはず)
ただ、Wikipedia読むと、実現までのハードルは結構高そうなんですが(苦笑)
 

返信と鰻

 投稿者:kirishima  投稿日:2013年 8月 3日(土)21時42分56秒
返信・引用
  >:男の娘(*´Д`)ハァハァさんへ

>クリッパーは鉄骨に板張りだから竜骨として使う鉄材の技術開発が間に合うのかね?
それは知りませんでした。
ただ、大友家は筑豊の石炭をコークスにして使っており、材料の砂鉄は日本海沿岸の特に山陰地方の砂鉄は非常に良質であることもあり、十分に良質な鋼を確保することができるでしょう。
しかし、クリッパーに使用するとなると大量に必要ですから鉄鉱石の確保に力を入れないといけませんね。
近場だと、阿蘇で古くから産出される阿蘇黄土や頭を下げたくないけど宇喜多が抑える美作の柳原鉱山で産出される渇鉄鉱、遠いが南部氏と敵対している閉伊氏領内の日本最大の鉄鉱山である釜石鉱山か明の鉄鉱石ですかね。

>北前船、樽廻船
いや、技術ツリー的に南蛮船系統の技術ツリーを手に入れ発展させている大友家において、それをほっぽり出して和船系統の技術ツリーを発展させるのはいかがなものでしょうか?



>大隅さんへ

>バルバスバウ
まぁ、そんなことだろうとは思っていました。
ただ、当時の船が衝角戦術のために蹄鉄のように金属製の衝角を船首に取り付けていたのでこれを球状にすればできるかなと思いましたが、現実は厳しいですね。



そういえば、今日は土用二の丑の日なのですが、確か戦国時代の鰻は今のようなたれをつけた蒲焼ではなくブツ切りにして串さしてそのまま焼いただけのものだったはず。
珠姫ならこのなの鰻じゃないといって、鰻の蒲焼を開発して、ついでに傘下の遊郭に土用丑の日キャンペーンとして精力をつけてもらうために鰻重等の鰻料理を食事に出していそうですね。
九州の鰻がものすごい勢いでなくなりそうです。
あと、いろいろと苦労している四朗と宗麟、最近その仲間入りした義統君にも作っていそう。
 

(無題)

 投稿者:大隈  投稿日:2013年 7月22日(月)03時24分54秒
返信・引用
  バルバスバウは一定の速度領域に最適化されているので、エンジン未搭載の帆船では抵抗が大きくなるだけで速度上昇には貢献しないと思われます。
大和型戦艦の場合、最大速度27ノット時に8%の抵抗軽減となるように形状が決定されており、昨今のタンカーや客船、コンテナ船の場合は巡航速度に合わせて最適化されています。
風次第で速度が相応に変化する帆船の場合、最適解となる形状の割り出しは困難でしょう。
さらに最適の形状を割り出し、微妙な曲線を設計通りに仕上げるのは極めて難しいと思われます。
 

日本海はやっぱり北前船でしょ

 投稿者:男の娘(*´Д`)ハァハァ  投稿日:2013年 7月 5日(金)07時46分20秒
返信・引用
  クリッパーは鉄骨に板張りだから竜骨として使う鉄材の技術開発が間に合うのかね?
タグボートも無いから港内操船も難しい(ゼーアドラーの最後は泊地で座礁だし)

商船として使用するなら北前船、樽廻船(南蛮船技術導入した弁才船)で十分でしょう
大阪-江戸を1日で航海した記録もあり速度は十分ですしイニシャルコストもランニングコストもクリッパーより安く(明治時代の見積だと建造費は樽廻船より6割高い)マストを南蛮式に変更すれば逆風、荒天時でも十分な速度で航行可能で同サイズ商品積載量が多く、整備するのに船渠が不要。焼玉船が出現するまで内航海運は帆を洋式にした北前船、樽廻船の独壇場だったのですから。。。。

能登畠山氏の下で水軍を統括していた長氏は軍神様により七尾城ごと滅亡させられたから
直江津の蔵田五郎左衛門が若狭以北の日本海は掌握済みとみるのが妥当な線でしょうね。

これを脅かすとしたら阿賀野川水運(新潟港)を抑える新発田重家と葦名家執政金上盛備コンビと最上川水運(酒田港は上杉従属の大宝寺領)掌握を狙う最上義光辺りかな?
ただ、珠姫の氷室設置と雪氷大量購入で軍神様の略奪対象が関東平野から伊達輝宗と共同で会津盆地や最上盆地に変更されるでしょうからそんな余裕は無いか。
 

南蛮船の高速化(7月5日追記)

 投稿者:kirishima  投稿日:2013年 7月 4日(木)05時17分59秒
返信・引用 編集済
  19世紀に登場したクリッパー船(快速帆船)と呼ばれる帆船があります。
この帆船は全長÷全幅の数値をさらに増やす、即ち船体を細長くして水の抵抗を減らし、且つ帆柱や帆を限界まで増やして風を最大限利用できるようにした船です。
例として伊達政宗が欧州に施設に使節を送るために仕立てた「サン・ファン・バウティスタ号」が全長55m、全幅11mで、全長÷全幅の数値は5に対し、
同じ全幅で現存するクリッパー船「カティサーク」は全長86mと全長÷全幅の数値は約7.89と数値が1.5倍以上に増やしています。

クリッパー船の最大の利点は快速帆船の名の通り速度です。
ガレオン船が最高約5ノット、戊辰戦争時の幕府海軍最新鋭艦「開陽丸」が最高12ノット、横須賀の戦艦「三笠」が18ノットに対しクリッパー船は最高20ノット以上、巡航速度でも14ノットと非常に高速で、初期の蒸気船ではとても敵わず、蒸気機関が改良される20世紀初頭まで活躍しました。
大友家が関わる交易路で例えると、
堺-府内間は明石海峡を通り、小豆島の南を廻り、備後灘と燧灘の間を通り来島海峡を抜け、高縄半島沿いに進み、中島・興居島間を通り伊予灘を突っ切って約400km。
日中の間、10時間と仮定してその間に航行する場合、ガレオン船ならば最大でも約43時間かかるので4,5日程ですが、
クリッパー船ならば巡航では約15時間半なので福山港を中継点にすれば2日、日の長い夏場なら1日で到達できます。
また、珠姫の能力で常に順風を受け最高速度を維持したならば約11時間と半日で到着します。
さらに越後産の青苧と麻布と九州米の関係による日本海交易において、博多-直江津間はガレオン船で片道10日以上もかかるのが、クリッパー船なら巡航速度で往復1週間という速さです。
そして、海外交易においてもマカオまでガレオン船で片道1ヶ月近くかかるのが、片道9日にまで短縮できます。
あと、この当時の欧州の海戦術は艦首海面下にある衝角を使った体当たりと乗り込んでの白兵戦が主流のため、スペインから鹵獲したガレオン船に衝角が存在するはずです。
これを球状にし、「球状艦首」所謂「バルバス・バウ」を備え、航行時に発生する造波抵抗を抑えて更なる速力向上ができるかもしれません。

欠点として速力を重視し船体を細めたため、搭載量の少なさと武装の搭載が難しいことです。
搭載量の少なさは数を揃えれば、十分に補えるでしょう。
一方、武装についてですが、クリッパー船の戦闘艦として有名なものに第1次大戦に通商破壊で名を馳せた海の悪魔こと「ゼーアドラー号」があります。
これを例にとると、武装は10.5cm単装砲2門、重機関銃2門と非常に軽装備であることがわかります。
もし、砲を積むのなら作者様が影響を受けた某転生した二代目関白の奮闘記に登場する人力回転円盤に乗せた
砲架が必要で、数は2桁にはいかないでしょう。
そうなると戦闘で出来ることは、精々速力を生かして相手の頭を押さえ進路を阻害し続けることぐらいかもしれません。
ゆえにクリッパー船は武装の搭載が難しい即ち戦闘に向かないため、海賊に襲われればイチコロになります。
そのため、欧米では海賊が厳しく取り締まられ、海上交通が安全になった19世紀まで登場しませんでした。
ですが、大友家の場合、瀬戸内海の海賊こと水軍衆は同盟国である毛利家とその従属国河野家の支配下にあるため、襲撃の可能性はなく安全に使えます。
日本海においては隠岐水軍衆などにより山陰沿岸は安全だということはわかりますが、北陸方面は織田勢力圏がある上、状況が不明なので何とも言えません。
しかし、織田家の有力水軍衆である九鬼水軍衆は伊勢湾を中心とした太平洋側にあるため、北陸方面の水軍衆はそれほど有力とは言えず、安全である可能性があります。
海外交易においては、日本近海から中国沿岸に勢力を持つ倭寇が珠姫と金で繋がり、影響下にあるため、攻撃を受けにくいことからマカオまで交易できるはずです。
さらに、戦国が終わりを迎えたなら水軍衆は史実豊臣政権のように海賊行為が取り締まられ、史実江戸幕府のように大名化し内陸部への国替えへして海と縁を切らせるといった、海賊の根絶を図るため、日本国内の海上交易は非常に安全となり、クリッパー船が非常に活躍しやすい状況になるでしょう。

これらのことから海上交易において更なる利益向上、遠隔地との連絡強化を目的としてクリッパー船を建造してみてはいかがでしょうか?


長々と長文で失礼しました。

7月5日 海外交易と武装、バルバスバウを追記。
 

(無題)

 投稿者:GEN  投稿日:2013年 6月17日(月)00時42分6秒
返信・引用
  ワシズが鬼と戦う 珠姫が鬼島津と戦う
珠姫もワシズごっこやったのが運の尽きでしたね。フラグ回収乙です。
ワシズが鬼と戦うフラグ持ちになるなんてあの頃は想像もできなかったなあ
 

レンタル掲示板
/27