teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:kirishima  投稿日:2016年 6月 6日(月)21時39分25秒
返信・引用
  遅ればせながら更新ご苦労様です。  
 

キター

 投稿者:ky  投稿日:2016年 5月10日(火)19時53分11秒
返信・引用
  続き待ってました、いい所なのでさらなる続きを楽しみにしています  

おーざっぱに感想

 投稿者:東部九州在住(ぱちもん風)  投稿日:2016年 5月 3日(火)01時33分2秒
返信・引用
  架空戦記を探してて、丁度地元が舞台のものが見つかったので、一か月半くらいかけて頭から南海死闘編の第八十五話まで読ませて頂きました。

最初の方、恐らく本当に大友周辺だけ扱ってパパッと短く締めるおつもりだったようで、妙にヲタ系固有名詞が乱舞してたのが「面白いけど人を選ぶ文体かもなー。ヲタ知識そのものは悪かないけど、くどすぎてちょっと苦手」という印象だったのですが、珠姫というキャラの痛快さにぐいぐいと引き込まれ、次第に文も整ってきて、それでいて当初からのノリは変わらないまま濃密になっていく内容に、気が付けば暇さえあれば読みふけるようになっていました。本当は「更新止まってるようだし、半年くらいかけてのんびり読むか」と思っていたのですが、ついつい……。これまた人を選ぶモノながらも、本作が凝ったえろげ風の展開だったのも、ハマった要因でした。小さな戦国異聞どころか世界を股にかける一大戦記になって(色気出して有名どころを顔見世程度のつもりで登場させたら、作中の珠姫よろしくどんどん外に引きずられていってしまったと見ていますがどうでしょう)、これ一体どうやって風呂敷畳むんだろうと読んでいて途方に暮れつつも、御しきれてない展開さえも楽しんでいるような筆の踊り方に、続きを期待せざるを得ません。「誤字よか展開の先が気になる」と思わせてくれる程の筆力には久しぶりにお目にかかれました。圧倒的な知識量が伺えるのに、一話ごとの分量や結び方がコンパクトなのには、ただ唸らせられるばかり。
どうも本作は何年も前からやっていた作品のようで、今は作者さんのモチベーションの充填期間のようですので、いずれまた勢いを取り戻された時に続きを書いてください。別作品を書くことで気分を換えつつ展開の糸口を探ったり、自分以外の作家の手による物語を摂取することは、物書きさんにとっては大事なプロセスです。「何もしないこと」さえも大事です。なぁに、某芳樹御大に待たされてた年月のことを思えば…………いやあれに関しては待つというか、エターナったものと思っていたし、またそれにも慣れてはいましたががが。勢いというのは大事で、戦国物好きながらも知らないことだらけな上に本作で懇切丁寧に解説されてる仕掛けの数々が半分以上飲み込めない(まるで本作に登場している凡将達のように)私のようなおつむの持ち主でも、「なんかよくわからんが面白いことだけは分かる!」という風に押し切れるものです。時々別府湾を見る機会があるので、その折りにでも思い出してこちらを覗きに来ることにします。

心底どうでもいい話ですが、こういうタイプの掲示板に書き込むのって随分久しぶりでした。のすたるじぃ。
 

誤字報告

 投稿者:鳥無き里の  投稿日:2016年 3月17日(木)22時05分52秒
返信・引用
   誤字報告です。


・第二十九話 毛利の隠し矢
 案の定、襲ってきた男の一人が卑下た笑みを浮かべる。
 夜盗の顔が卑下た笑みを浮かべたまま、私を見据えている。

・外伝その三 リスボン-ローマ-マドリード
 卑下た口調で女の味を思い出しながら、男は男達に語る。

・第七十四話 戦争芸術終章 水城合戦 前編
 卑下た冗談で評定の席が笑いに包まれる。

 これらで『卑下た』とありますがここは『下卑た』ではないでしょうか。


・第三十九話 南予侵攻 鳥坂峠合戦 あとしまつ
 佐田鎮綱が一礼する前に宇佐衆の足軽から卑下な声が出るが、私はそれを笑い飛ばす。

 またここは『卑下な』ではなく『下品な』ではないでしょうか。


 再開待ってます。
 

姫巫女…………

 投稿者:  投稿日:2016年 1月14日(木)06時49分5秒
返信・引用
  珠姫は、何処におわすや?
続きが……
 

そういえば、秋月氏ですが、

 投稿者:kirishima  投稿日:2015年 9月10日(木)01時08分19秒
返信・引用
  種実が死んで、子供が姫巫女衆から生まれる子限定になったわけですから、種長や元種はいないことになるのでしょうか?
男の子は涼だけ、って可能性はないでしょうから、他に生まれた男の子がなるって可能性はありますが。
 

南海死闘編

 投稿者:高橋領住人  投稿日:2015年 5月 4日(月)20時36分28秒
返信・引用
  続きの更新はまだでしょうか?
楽しみにしておりますので…
 

(無題)

 投稿者:クレスト  投稿日:2015年 4月12日(日)17時56分36秒
返信・引用
  完結してるぅーー!!いつの間に!
頑張って読むぞー!
 

Re: お疲れ様です、

 投稿者:サバン  投稿日:2014年12月29日(月)21時41分24秒
返信・引用
  > No.272[元記事へ]

> ホームページ改定・更新お疲れ様でした
> 状況がだいぶ複雑になって来ましたね、
> ところで暫定公開中になっている、大隅氏の作品とある少女の物語ですが 、理想郷にあった頃に見たと思うのですが知留乃達の話をぜひまた見たいのですが公開予定はありますか?

TOPページに隠しリンクあるよ
 

お疲れ様です、

 投稿者:皐月  投稿日:2014年12月12日(金)00時26分53秒
返信・引用
  ホームページ改定・更新お疲れ様でした
状況がだいぶ複雑になって来ましたね、
ところで暫定公開中になっている、大隅氏の作品とある少女の物語ですが 、理想郷にあった頃に見たと思うのですが知留乃達の話をぜひまた見たいのですが公開予定はありますか?
 

レンタル掲示板
/27